頭の中、いっぺんだしちゃいたい~シリーズ
前回の正しさ、あるいは正しさはないとか
2極性のお話から~の

観る、について

・観る、がない状態とは
自縛的に同じ空間(意識)に幽閉されているような状態
思考での解釈←グルグルするやつ

・自分の感情、感覚、思考を
俯瞰的に感知する。
(顕在意識にのぼらせなくても
そうなっている事もある。ん~理屈ではないの)

・ただ観る、観た事に
「良し悪し判断」とか
「励ます」とか
「修正させる」とか
「動かす」とか
ナイ

・監視じゃないヨ

・観る(聴く)、は
「ただただ受け入れる」の
入り口。
静かなYes。

暗かったそこに、
そっと光を当てる感じ。
(顕在意識でなくともいい)

・ソレはひとつの愛ではないかと。
自分とのコミュニケーション

・この観点がなくて、自分を愛するとか
他者を愛するとかあるのだろうか。
(別のレイヤーでは、生まれただけで
自分を愛してるとも言える)

・今見えているものを受け入れていくと、
さらにその奥、奥が
浮かび上がるようになる。

・観る(聴く)-俯瞰が
レイヤーを重ねて
行くことになる

(グリグリほじるのともちがう)

****

20代の頃、OSHOの本で
「自分を見ろ、見続けるのだ」、と
ラジニーシおっちゃんが言ってて、
え?見るってなに?!みたいな
電車の座席でモンモン。

その後、
セラピーの訓練で
今気づいているものに、
ラベリングする、というのをやった。
ラベルは3つ
・外側の事実アウター・内側の感覚インナー・思考ミドル

それをやり続けるというのをやっていました。

ラベルつけ以外の解釈はつけない
もーー
イミフ!!

でもセンセーが何年後かにでも
わかるっていうからさーー

で、なんかわかったよー
特にこの仕事はじめてから

自分の中を俯瞰して見ることの
基礎訓練だったなあ。

他者、体に対しても、同じ。
私のセラピスト、ボディワーカーとして
深めたいスタンスでもあります。

頭の中整理シリーズ、もちょっと続きます。
次回、「言葉」っす。

アーティスト/ボディワーカー
仲丸友恵
・・・・・
アートのページ
インスタ
仲丸友恵の抽象画と猫のアート(このページ)

ヒーリング整体
金魚整体HP

脳のデトックス
アクセス・バーズHP