からだの痛み。

何かの古い記憶と悲しみが
表出する。

それを無いかのようにしない。
でも浸らない。

ああ、そうなのね、と。

そして、
その古いその時にも、
孤独と思えた時にも
何かに包まれていたことに気がつく。

fb記事より

私の線画は、10年ぐらい前でしょうか、
からだの痛みに向き合うところから始まったものでした。
歯が痛くて(^▽^;)

そこに意識を向け続けて、
その感じを描いてたら、痛みが和らぎました。

あとからわかったのは
それは
フォーカシングをしていのだという事です。

この、フォーカシングという、
見る、それをただ受け入れる、というのは
私がやっているセッション金魚整体でも大事な要素です。

痛みなどを
悪いもの!やっつけるもの!というジャッジをしないで

そうなのね、

とただ受け入れる。

そこで起きてくるのは、
痛みや滞りに隠された、本来の「生」へと触れていく事
本来の「生」を信頼することです。

そこに繋がるとき、
感謝と感動を感じたりもします。

そうそう、
で、
上の絵なんですが、

腰が痛かったんですよ。
なんだか久しぶりに急に腰の仙腸関節が痛くなってですね。
そこをなんとはなしに感じてたら、
ふわ~っと悲しみが出てきたんです。

孤独感、そんな感じのものが浮上してきてたんです。

孤独感は誰にでもあるものかもしれません。
感じたくなくて、
というか、そんないつも感じてるようなものじゃないし、
古傷のようにしまわれてたりする。

それが、とある事をきっかけに浮上してきたんですね。
「忘れてた、そして、自分を温めてあげよう」

********

インスタでは絵を載せてます(^^)