世界的な活躍をしている
切り絵作家の九さんと
プロデューサーでお母さんのナム(中村梅子)さん
(以前からお世話になっております(^^))との
ランチ会(ハワイでの作家活動帰り~)に。

今、この青山の料亭雅灯
九さんの作品が今展示されてるの。

初めて生作品見た!

存在感のあるとても素晴らしい作品たちのなかで、
私はこの愛らしい作品が特にラブ

ずっと眺めていたくなる。

作品のエネルギーもさることながら、
お話聞いて超絶技巧にもびっくりこ。

その技法だから、こんな繊細なものでも
丸めても、風に吹かれてもちぎれることがないのね、
すご~。

折り紙もされるんだけど、
なんと、これ!なに、この小ささ!
さらに!

さらにも~~~っと小さいのを折ることができて、
なんとそれは、
誰かが作ったギネス記録よりも小さいんだって!
ひゃああああ~( ゚Д゚)!

あと、一枚の紙で2色の折り鶴とか見せてもらって、

それを「教えて教えてー」
とその場でみんなで作らせてもらいました。


アタチはそれをガニ足鶴にしてしまったゾ。
やってみたかったのコレ!(≧∀≦)

わははは~~~っ!!

九さん、ナムさんとお話をしていて思うのは、

裏表なく、その人の「存在」から出た言葉には力強さがあり、
何を語るかという言語ものだけでなく、
言語外の影響がどういうものなのかという感覚。
あとからもジワジワきます。

それをそのままアートにされてるんだろうと思う。
そして、突き詰めた技術力、だからとても力強い。


(コップのフチ子さん鶴で遊ぶあたちの向こう側に九さん)

話はちょっとズレますが、
世間で違和感を感じてたことがあるんだけど、

「お客を相手にする人の<役割の人格>と<その人の素(ス)>」
この二つの顔の分離感。

そういうものなのだろうかな~、って
になにげに思いながらランチ会に向かってたのです。

そしたら、
九さんのロンドンのホテルでの体験談がいいな~と。

楽しそうにロビーで踊りながら掃除?していた人が
お客(自分たち)がきても楽しそうに踊りながら
対応していたって。

これ日本じゃあり得ないよね、いいよね~、という。

うん、そうだ。
そういう感じの世界になるといいな。
役割の人格だけではない、
本当存在感がソコココにある世界。

なんだか、それが
アートだって気もしたりするんだな。

楽しいランチ会、
参加者の皆さんとの交流もまた
楽しくなりそうです(*^-^*)

コマネチ!