土曜日は、美学校の造形クラスの
古希米寿の先生を祝う、大祝賀会でした。

88歳遠藤先生のパフォーマンスが
すごくいいなあ。

生徒さんが作った鍋田先生像。
「出今一点」。

先生が「今の一点を顕すんだ」と
言ったのを作品にしたらしいです。

それを造形クラス一期生の
だんなちゃんが贈呈。

(私は美学校生ではないけど、折々に顔を出しのご縁)

この「本物」紙幣は、
かよさんと娘さんが作った旅行券贈呈。

美学校で講座もやっていた、赤瀬川源平が作品として紙幣を描き、
最高裁まで争った「紙幣裁判」。
その事件を赤瀬川本人が揶揄した作品、そのパロディである。
赤瀬川事件とはコレ

やるなあ。

この中にいるの、なんだか面白いんだな。
アーティスト達の何かしらの
エネルギー空気感に共鳴して、表現をしたくなる。

88歳米寿先生から、70歳古希先生へのフトした言葉
「100まで30年か、
30年あれば大概のことはできるねぇ」

そーだねー。

アーティスト/ボディワーカー
仲丸友恵
・・・・・
アートのページ
インスタ
仲丸友恵の抽象画と猫のアート(このページ)

ヒーリング整体
金魚整体HP

脳のデトックス
アクセス・バーズHP